So-net無料ブログ作成
検索選択
朝鮮玉入(パチンコ)News ブログトップ

【News】パチンコ人口減少中。 [朝鮮玉入(パチンコ)News]

パチンコ業界ホールドアップアップ…遊技者も減少

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

【News】娯楽の大半はパチンコ [朝鮮玉入(パチンコ)News]

ギャンブル離れで「余暇市場」縮小、06年は1・6%減

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

【News】パチンコ屋、閉鎖の危機 [朝鮮玉入(パチンコ)News]

ホール業者に暗雲 韓商連、危機打開へ模索 2007-06-06

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【News】パチンコ打ちはテロ国家支援者。 [朝鮮玉入(パチンコ)News]

WSJ「6カ国協議のカギは日本が握っている」

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(8) 
共通テーマ:ニュース

【News】パチンコ依存の相談機関 業界団体が設立 [朝鮮玉入(パチンコ)News]

http://www.asahi.com/national/update/0213/TKY200602130286.html
パチンコパチスロをやめたくてもやめられない「ギャンブル依存症」に悩む人や家族を支援しようと、パチンコ業界が4月、専門の相談機関を設立する。電話相談のホットラインを設けるほか、相談員を各地で育て、回復支援プログラムの開発にも取り組む。ギャンブル性の高い機械の導入などを背景に増えていると言われる依存患者の救済に、業界自らが乗り出す。

 依存症支援にはこれまで、各地の相談機関などが個別に当たってきたが、全国的な組織による取り組みは初めて。

 設立されるのは「ぱちんこ依存問題相談機関 リカバリーサポートネットワーク」で、全国のパチンコ店でつくる全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)が5年間で1億円を出資する。代表には薬物依存治療に詳しい精神科医、西村直之さん(40)がつき、カウンセラーや弁護士が運営にあたる。事務局は西村さんがクリニックを開業する沖縄県西原町に置く。

 健康の問題や借金の返済法などの相談をホットラインで受け付け、必要に応じて各地の精神保健福祉センターや自助グループ、司法書士を紹介する。各地のソーシャルワーカーらに依存症特有の問題を学んでもらい、機関認定の相談員に育成。事例をデータベース化し、依存症回復のプログラムづくりもする。

 専門医らによると、ギャンブル依存の患者は近年増加傾向にあり、全国に100万~150万人いると推定されている。借金を繰り返すなどして家庭生活や社会生活が破綻(はたん)するケースも多い。

 親がパチンコに夢中になっている間に車内に置き去りにされた幼児が熱中症などで死亡する事件が相次ぎ、全日遊連は約3年前、依存問題研究会を設置。実態調査をしたり、ポスターで注意を呼びかけたりしてきた。今回の相談機関設置について、研究会の力武一郎副座長は「業界の社会的責任として取り組みが必要と考えた」としている。

 電話相談は4月19日から。

私の記憶によれば、パチンコはギャンブルではなく遊戯であるから合法である、というのが警察の見解であったと思うのですが、どうして「ギャンブル依存症」なのでしょうか?まさか、パチンコ業界自ら賭博として取り締まってほしいわけではないと思うので不思議です。

☆参考図書☆

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症

  • 作者: 田辺 等
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:ニュース
朝鮮玉入(パチンコ)News ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。