So-net無料ブログ作成

【News】中国広州の衣服、約5割に発癌物質 [中国関係News]

中国広州の衣服、約5割に発癌物質
http://jp.epochtimes.com/jp/2007/01/html/d92597.html

(略) 25日に発表された調査結果では、衣服の54%が「不合格」で、特に広州製衣服について「不合格」は6割を超えた。「不合格」の衣服中「SNOOPY (スヌーピー)」などのブランド品にも「芳香アミン」などの発ガン物資が、規定の10倍以上含有されていた。

  専門家の指摘によると、「芳香アミン」は人体に有害な染料の一種で、長期間接触すると発ガンの危険性がある。潜伏期間は、約20年間。香港中文大学・生化学系教授の何永成氏によると、芳香アミンを長期間皮膚から吸収すると膀胱ガンになる可能性があり、素人には外見からは判断がつきにくく、また水で洗っても除去できないという。 (略)

衣料品にも発がん性物質があるとまずいんですね、水で洗っても除去できないとは初めて知りました。
↓ヨーロッパ向けの衣類では、かつて輸出品がつき返されたことがあるようです。

EU向け衣類が返品/ミシン糸にアゾ染料
2006年4月6日 (木曜日)


http://www.sen-i-news.co.jp/3.0/seek.asp?id=88591
江蘇省のある企業が欧州連合(EU)向けに輸出したウインドブレーカー1万点が突き返された。ポリエステルのミシン糸を使ったメッシュライナー素材からEUで使用を禁止するアゾ染料が検出されたからだ。(後略)

最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
本ブログも僭越ながらランキングに登録させて貰っております。興味のある方は下記リンクよりどうぞ。↓

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。